シングルマザーの母子家庭の助成金

シングルマザーの援助をする仕組みには児童扶養手当が提供されています。離婚とか死亡等によりシングルマザーによって養育されている児童の毎日の生活をを支援するための手当てです。もらえるのは、父母が離婚をした場合とか、父母のいずれかを亡くしたり、または重い障害を患うケース等です。未婚の母親から生まれた子ももらえます。各役場で申し込むことができます。再度結婚したり、福祉施設などや里親に養育されている時は対象外です。

子の成長を支援するために与えられる物が養育費になります。離婚の前に、夫婦で話し合って、どのくらい支払うのか、期間はいつまでかを決定します。ポイントは、自分勝手に要求することなく、互いに了解した上で決定していく事です。無理に取り決めると、後々の養育費の支払いの滞りを引き起こします。公正証書を作っておくか、離婚調停で法律的強制力を持つ調停調書に残しておくようにすると、養育費や慰謝料の支払いが滞った時に貯蓄や資産等の差し押さえに踏み切る事も許されています。
 

母子家庭の助成金
母子家庭の子供の生活を助成することを目的としているのが児童扶養手当です。学校での教育や日々の生活を送っていけるように支援するものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事