膝の老化を防ぐ

膝を曲げたり伸ばしたりする時には、必ず関節を使っています。関節には関節液というものが入っていて、これがクッションの役割をしながら、骨と骨がぶつかりあうのを防いでくれています。だから、膝をスムーズに動かすことが出来るんですね。

だけど、関節液と言うのは、膝を使えば使うほど消耗していきます。関節液が消耗されてしまうと、骨同士がぶつかり合うので、膝を使うことが困難になります。また、関節の軟骨が減少すると、関節炎や関節が変形して痛みが引き起こされます。

このような膝の老化を防ぐためには、関節液に含まれるヒアルロン酸の量を増やしてあげることが必要です。関節液がクッションの役割を出来るのは、ヒアルロン酸が持っている保水力と弾力のおかげ。ですから、ヒアルロン酸を定期的に摂取して補えば、加齢などによって消耗してしまった関節液の劣化を防ぐことが出来ます。これが、膝の老化を防ぐことにつながるんですね。

また、運動やストレッチというのも、膝の老化を防いだり改善するのに効果的です。筋力を鍛えることで、関節にかける負担を軽くすることが出来ます。ただし、筋力を鍛える場合は、必ず膝の痛みなどが収まってからにしましょう。

痛みがある時と言うのは、関節液が消耗してしまっているので、無理をするとさらに膝の老化を促進してしまいます。そうなると、膝の老化を防ぐことが出来なくなるので、まずはヒアルロン酸を補給して関節液の状態を正常に保つことが先決です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事