血管の老化を防ぐ

血管は血液を運ぶ大切な管で、血管が老化してしまうとあらゆる疾患が引き起こされます。体内に酸素や栄養を運ぶ血液が順調に流れるのは、血管に弾力があって柔軟性があるから。もし血管が硬くなってしまったら、血液がスムーズに流れなくなってしまいます。スムーズに流ないだけではなく、その流れが滞ったりすると、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化など深刻な病気が引き起こされます。つまり、血管の老化を防ぐということは、こういった疾患を予防することにも繋がるのですね。

血管の柔軟性を保っているのは、血管に含まれているヒアルロン酸です。ヒアルロン酸が充分にあれば、血管が硬くなってしまうことはありません。また、動脈と言うのは、必要に応じてヒアルロン酸の含有量を調節しています。

大量の血液を送り出さなくてはいけない時は、動脈をたくさん収縮させなくてはいけません。血管の収縮を活性化させるためには、より血管の弾力性が必要となるため、ヒアルロン酸を大量に取り込む必要があります。つまり、ヒアルロン酸は血管の老化に大きく関わっているんです。

ですから、血管の老化を防ぐには、ヒアルロン酸の摂取が欠かせません。ヒアルロン酸が減少してしまうと、血管は弾力性も柔軟性も保つことが出来なくなります。だけど、ヒアルロン酸は加齢とともに減少してしまい、体内での生成量も低下します。

そうなると、必然的に血管は老化していきます。だから、血管の老化を防ぐためには、とにかくヒアルロン酸をたっぷり摂取して、必要なときに必要なだけ血管に取り込めるようにすることがポイントになるんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事