歳をとると膝が痛む

歳をとると膝が痛む、と言うことは、当然のことのように思われる方も多いでしょう。それもそのはずで、なんと60歳以上で膝の痛みに悩んでいる方は、日本で1000万人以上もいるんです。これは、あくまでも膝の痛みのせいで病院に通っていたり、アンケート調査によって分かっている数字。

ですから、自分ではたいしたことがないと思っていたり、たまにしか痛みがないという人を含めると、もっと多くの方が膝の痛みを抱えているということ。それに、お年寄りの方が膝が痛いというのはよく耳にすることなので、歳をとると膝は痛むもの、と思っている方も少なくないと思います。

だけど、膝の痛みと言うのは、ただ単に年齢を重ねたから起こる訳ではありません。当然ですが、膝が痛むには理由があります。膝の痛みの原因で最も多いのが、変形性膝関節症によるもの。これは、膝の関節にある軟骨が部分的に減ってしまって、関節が歪んでしまうという症状です。

本来なら均等にある軟骨の一部が消耗してしまうと、その消耗した部分では、骨のクッションが無くなってしまいます。そのため、足を曲げたり動かしたりする時に、骨同士がぶつかってしまい、痛みが生じるんですね。また、関節軟骨がすり減ると、骨同士の摩擦によって関節炎が引き起こされることもあります。

このような症状を引き起こすのは、関節軟骨の消耗で、確かに加齢も原因にはなります。だけど、この関節軟骨を再生したり、軟骨に水分が充分に蓄えられていれば、歳をとっていてもこの症状を緩和することが出来ます。ですから、再生を促進するサプリや、水分保持機能を持った成分を積極的に摂れば改善出来るんですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事