肌の保湿にヒアルロン酸

保湿効果がある成分はいろいろありますが、その代表格とも言えるのがヒアルロン酸。スキンケアに興味にある方なら、ほとんどの化粧品にヒアルロン酸が配合されていることは知っていると思います。ヒアルロン酸の特徴は、とにかく保水機能が高いということ。1gのヒアルロン酸があれば、なんと6Lもの水分を保持することが出来るんです。

しかも、ヒアルロン酸は水分を一度吸収すると、乾燥した状態でもなかなか蒸発しないという力を持っています。つまり、水分保持機能が高いだけではなく、保湿機能も高い成分なんですね。だから、肌の保湿にはヒアルロン酸が良いと言われるのです。

ただ、化粧品に配合されているヒアルロン酸は、人工的に合成して作られたもの。それに、ヒアルロン酸は分子が大きいため、肌につけただけでは浸透しません。でも問題はこれだけではなく、肌で保湿をしてくれるヒアルロン酸は、表皮ではなく真皮にあるということ。つまり、ヒアルロン酸入りの化粧品でスキンケアをしても、真皮層にまで届かないと、なんの意味もないんです。

肌の保湿のためにヒアルロン酸を補給する場合、一番良いのはサプリメントから摂取することです。体内にヒアルロン酸を補給すれば、多少時間はかかりますが、ヒアルロン酸が必要とされる部位に届けられます。もしも肌が乾燥してヒアルロン酸を必要としていれば、しっかりお肌の真皮層に届いて、肌の保湿を行います。ですから、肌の乾燥が気になる方は、化粧品からではなく、サプリメントなどを利用してヒアルロン酸を摂取しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事