ヒアルロン酸誘導ペプチドのiHA

ヒアルロン酸は、身体の若々しさを保ち、体内の老化を防いでくれる大切な成分です。特に、身体をスムーズに動かす関節に多く含まれていて、潤滑油の役割をしてくれます。つまり、ヒアルロン酸がたっぷりあれば、立ったり座ったり、歩いたり走ったり、階段の昇り降りなどに支障が出ることはありません。

体内で生成されるヒアルロン酸ですが、残念ながら加齢とともにその生成量は減少します。そのため、食べ物などから摂取して、ヒアルロン酸不足を補わなくてはいけません。ただ、ヒアルロン酸と言うのは分子がとても大きいため、身体に取り込まれにくいという特徴があります。だから、ヒアルロン酸不足を解消するのは難しく、老化を防ぐことも難しいと言われていたんですね。

その問題を解決してくれたのが、ヒアルロン酸誘導ペプチドのiHAです。ヒアルロン酸誘導ペプチドのiHAと言うのは、簡単に言うと、ヒアルロン酸の生成を誘導してくれる成分。ヒアルロン酸誘導ペプチドのiHAは、軟骨細胞と線維芽細胞を増殖してくれる作用を持っています。この軟骨細胞と線維芽細胞は、ヒアルロン酸を生成する働きを持っている細胞です。

これらの細胞が減少すると、当然ですがヒアルロン酸の生成量も減ってしまいます。だけど、ヒアルロン酸誘導ペプチドのiHAによって増殖することで、ヒアルロン酸の生成量を増やすことが出来るんです。特に、もともと増殖しづらい軟骨細胞を増やせると言うのは画期的なことで、ヒアルロン酸不足による老化に大きな効果が期待出来ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事